アメリカからカナダへ〜海外生活第2章〜

海外情報


りゅうき
皆さんこんにちは。
ryu-blogのりゅうきです!
今日は皆さんに最近の僕のことについてお伝えします。

Los Angeles→Vancouverへ移動しました

最近少しバタバタでなかなか更新できずにいましたが、やっと生活が落ち着いてきました。

まずはここで皆さんにしっかりお伝えしなくてはいけないのが、僕が現在どこで何をしているかです。

タイトルや見出しにもあるように、今僕はカナダのVancouverに住んでいます。

Facebookで繋がっている方。

なぜか学校のWi-Fi繋いだらTorontoにいます。と表示されてしまいました。

あれ嘘ですw

ビザの切り替えも問題なく済み、今はワーキングホリデービザで語学学校に通いながら働いています。

やっとLos Angelesの生活に慣れてきたところでの移動だったのでとても正直大変でした。まだまだVancouverの生活は慣れないことも多いです。

とはいうものの、海外に飛びだして3ヶ月半が経ち、同じ英語圏なのですぐ慣れることでしょう。

あとはやるのみですね!

Vancouverでの生活について

英語学習について

英語学習に関しては僕が海外に飛び出した目的の一つでもあるので、カナダへ移動してももちろん気合い入れてやっていきます。

Los Angeles同様に語学学校にも通います。

今通っている学校はVancouverにある語学学校の中でもかなり大きく有名な学校になります。

国籍バランスもまずまずで、Los Angelesの学校時代にはあまりいなかったメキシコやタイなど、僕のイメージの中ではすでに英語めちゃめちゃは話せるんじゃないのかな?っていう国の人たちもかなりいます。

他にもやはりVancouverは移民の国ということもあり、アジア人の数はかなり多いです。

Los Angelesと比較すると、中国人の割合が圧倒的に増えます。

そのせいなのか、あまり日本人は目立ちません。

僕の場合は学校などで日本人と会話をしないのでVancouverにいるアジア人の大半を中国、韓国、台湾の人が占めているような感覚に陥ります。

今の僕の英語レベルですが、学校のクラスでいうとPre Advanceというクラスにいます。

中の上というか上の下というかなんとも微妙な位置ですねw

このレベルからビジネス英語や医療英語、TOEFL対策などの応用英語の授業を取ることができるので僕としてはまずまずの位置につけているのかなと思います。

ただ、クラスメイトは医学生や、現役医師、現役大学生などが多く正直僕は底辺中の底辺にいます。

会話や文法などに関してはまだまだそこまで困ることはありませんが、語彙力が圧倒的に違います。

なんでそんな単語の意味しってんの?って毎日思っています。

適宜単語を調べてはいますがわからない単語が多すぎてかなり焦っている毎日です。

ただ、これくらいのレベルを求めて飛び出したのでまだまだ食らいついていきたいと思います。

今の学校では通常の授業にプラスで自分が強化したい分野を週2回選択してとることができます。

僕は全てが弱点ですが、その中でも発音が特に弱点というかコンプレックスなので発音のクラスを選択しています。

また今度発音についても記事を書く予定ですが、最近やっと僕の発音でもSiriがThursdayを安定して聞きとってくれるようになりましたw

こいつ何言ってんの?と思う方は一度Siriに問いかけてみてください。

一発でThursdayと聞きとってもらうのは至難の技ですよ。

とまあこんな具合に英語の方はなんとか頑張っていきたいですね。

生活について

Vancouverに入ってすぐはホームステイをしていました。

Los Angelesでホームステイの現実を知っていたのであまり乗り気ではありませんでしたが、契約してしまっていたので仕方なく最初の1ヶ月はホームステイをしていました。

僕のLos Angelesホームステイの苦労話はこちらで詳しくみてください↓

Vancouverのホームステイ受け入れ先はほとんどが移民です。

僕の家族は中国系カナディアンでした。

クラスメイトにきくとフィリピン系が多かったです。

カナディアンの家に入ったという人はほとんどいませんでした。

やはりホームステイはストレス溜まることも多いですが、ご飯がついてくるのは非常にありがたいです。

とても親切な家族でしたし、ご飯も手作りしてくれました。

学校から家もバス一本で20分程度で立地も他の生徒と比べてもかなり好条件でした。

しかし、事件はおきました。

僕はLos Angelesでホームステイをしていた際にかなりルールが多かったので、今回は最初にしっかり確認しておこうと思い、初日の段階でしっかりと確認をしました。

選択はいつしていいの?冷蔵庫は使っていいの?門限はあるの?ご飯の時間は決まっているの?

などたくさん確認したつもりでした。

しかし、時間が経つにつれ最初に確認したことと違うルールになっていることが増えてきました。

最初は僕の勘違いだったかなと思い、謝ったりして過ごしていましたが、ある日ささいな一言で僕も少し苛立ってしまい、今までは黙って誤りながら全てを受け入れてきましたが、今回はもうそれはやめようと思い反論しました。

最初に確認したことと違いませんか?あなたは最初こう言っていましたよ?

僕はそんなこと聞いてないよ。などとしっかり伝えたつもりでした。

しかし、それがきっかけとなり口論がヒートアップし、家族との関係は最悪に。

翌日から態度は一変し、かなり冷たい態度で接してくるようになり、会話はほとんど0になりました。

数日後にはエージェント伝いに、僕が家を追い出されることが発覚し、僕は次の家を予定よりはやく探すことになりました。

次の家が見つかるまでの間は、もう出て行ってくれと言われているのにも関わらずそこ意外に宿はなく、仕方なく帰っていましたが本当に最悪の気分でした。

僕以外のハウスメイトや、家族は皆中国人で常に中国語で会話します。

完全に自分の存在を消されているような感覚になり、さすがに僕もヘコみました。

今は家が見つかり引っ越すことができたのでなんとか気持ちも復活し無事に生活できています。

いやー。本当にきつかったw

やはりホームステイや、オーナーと同居のシェアハウスなどのような上下関係がはっきりしている環境で住むのはきついですね。

日本では考えられませんが、アメリカやカナダではアパートの1室を月々数万で借りるのは不可能です。

借りること自体は可能ですが、1人で借りていたらとてもじゃないですがすぐにお金が底をつきます。

どちらにせよ誰かと共同で生活することは必須になってきます。

僕が思うにそこで重要なのは上下関係がないようにすること。です。

上下の関係がはっきりしているとかなり気を使います。

勉強や仕事など他でたくさんのことに労力を使いたいのに、家での生活に全てのエネルギーを持って行かれる感覚です。

かなりもったいないですよね?

なのでなるべく自分がリラックスして住める環境を選ぶことをお勧めします。

オーナーさんやホストファミリーが親切で、自分にあっていれば全然ありだとは思いますが、長期だといずれにせよ様々な問題が生じることが多いです。

僕はもうそれには凝りてしまったので今後1週間以上のホームステイをすることはないでしょうw

ちなみにLos Angelesの最終日にはAirbnbを利用し宿泊しました。

Airbnbを知らない方はこちらすごく面白くまとめてあるので見てみてください↓

そこのホストはすごく親切で、家も生活でしたしかなり気に入りました。

短期での利用は今後もどんどんやっていきたいですね。

仕事について

家のことでかなり苦労していましたが、落ち込んでいる時間など僕にはないので仕事探しにも明け暮れていました。

無事仕事が決まり働き始めています。

仕事の詳しいないようについてはまた後日詳しく記事していきますね!

家や仕事はLos Angelesの時もそうでしたが掲示板などを駆使することで探すことができます。

Los Angelesの家探しについてはこちらの記事を読んでください↓

また、ワーキングホリデーの場合は英語の履歴書を作成し、お店に直接突撃し履歴書を手渡すなんて海外らしい方法も普通にできます。

僕は履歴書を作成したものの、特に必要なくお店に見学に行ったらいろいろ聴かれたり簡単なテストをさせられてその場で採用がきまりましたw

見学自体の申し込みは掲示板で調べてアポをとりました。
僕個人の感想ですが、家探しの100倍楽ですw

家探す方が本当にストレス溜まるし、決まらないしでもうできることなら二度としたくないですねw

とまあ無事に仕事もきまりやっと海外で働くことができます。

Los Angelesでの生活を振り返って

クリニックでのボランティアについて

僕の海外生活もVancouverに移動して第2章に突入しました。

Los Angelesでは本当にいい出会いに恵まれてたくさん友達ができました。

お世話になったクリニックでは、ろくに英語も話せなかったただのボランティア留学生の僕なんかのために送別会を開いてもらったり、最終日もクリニックの院長で責任者であるPTの先生にご飯をご馳走になったり本当にお世話になりっぱなしでした。

これからも必ず連絡をとり続けよう。いつでもここに帰ってきなさい。

と言われた時は、たった3ヶ月だけだったけれどLos Angelesに滞在する選択をしてよかったなと思うことができました。

もっと自分を成長させて、必ずまた訪れたいと思います。

語学学校について

最初は本当に何言ってるかもわかんないし、こんなんで生きていけるのかなと思いましたが、学校に通うことで少しずつ英語に自信がつき始めなんとか生活していけるようになりました。

英語を話す上で大事なことはなんなのか。自分に足りないものは何なのかを教えてもらったような気がします。

たった3ヶ月だったけど学校では本当に多くの友人ができて出会いに恵まれたなと思いました。

ボランティアをしていたため、あまりたくさん遊びに出かけたりしませんでしたが、そんな中でも仲良くしてくれた友人には本当に感謝しています。

必ずまた再会したいし、その時には1番成長していられるように頑張りたいです。

みんなかなり努力家なので簡単ではないですけどね!

正直言って一時期はかなり悩んでいました。

僕は仕事を辞めて海外に飛び出した。帰国する時には必ず何か持ち帰ってこなくてはいけない。

そのプレッシャーから思うように動けない自分がいて、いろんなことに悩みました。

今でもそのプレッシャーは感じるし、危機感は常に忘れないようにしています。

ただ、悩んでも何も解決しないことがわかりました。

悩んでる時間すら僕にはなくて、とりあえず目の前のことをやり続けないといけなかったんです。

それに気づいてからは少し楽になったし、英語もそこからが1番伸びた気がします。

今も同じことが原因で悩むことはかなり多いです。ただやれるだけやってみようと思います。

その他について

正直僕のLos Angeles生活はほとんどクリニックでのボランティアと学校で占めていました。

休みの日にどこかに旅行にでかけたりするような金銭的な余裕はなくかなりカツカツでした。

アメリカでは働くことが許されてませんからね。

僕のようにそのあとさらに別の国に滞在しなくてはいけない人からしたら何をするにも莫大な費用がかかるので恐怖の国でしたw

でもお金のことを考えながらもたくさん思い出はできました。

学校終わりにみんなでビーチに行ったり、有名なカフェでご飯を食べたり、ハンバーガーの食べ比べをしたり。

住んでいるところ自体がかなりの観光名所だったので正直僕からしたらそれで満足でした。

ただ、せっかく街にも慣れ、現地の友人もでき、英語もある程度話せるようになったので今度訪れる時にはいろんなところに行きたいです。

滞在中は現地の人との繋がりを作ることにかなりの時間を費やしました。

そのおかげでまたLos Angelesに行きたいなと思えるようになりました。

迎えてくれる人がいるというのは本当にいいものですね。

そのためにもまだまだ頑張らなくては!

今後について

今後は僕は学校に通いながら仕事をします。

英語に触れる時間が長くなり、それがすごく楽しみでもあるし、これで伸びなかったらどうしようなんて不安も正直すごくあります。

ただ先ほどもいったようにもうやるしかありません。

目の前のことを1つずつクリアしていこうと思います。

Blogについても記事の更新頻度を増やしていこうと思います。

特にこれまでのように自分の体験したことを書いていくとともに、

英語学習についても書いていこうと思います。

英語が堪能な人がいろんなことをすでにいろいろな形で伝えていますが、僕の場合はあくまで留学生。

英語を実際に勉強している身です。

ですので現役留学生のノートとして実際に僕が苦労した分野や間違えやすいポイント、よく調べた単語などをシェアしたいと思います。

これから留学を考えている人も単純に英語を学びたい人もどなたにも役立つようなノートを作りたいと思います。

このようなことを決意したのも、最近少しずつ留学に関する問い合わせをいただくようになったからです。

その中でも英語学習についてはみんな必ず悩んでいます。

実際に今僕も悩みながら勉強しています。

僕のようにほとんど英語が話せない状態から学習するのは本当に大変だと思います。

仕事をしながらではあまりしっかりと学習の時間が取れない。

参考書をみてもどこから手をつけたらいいかわからないなどいろんな悩みがありますよね。

そのような状況をみんなで一緒に乗り越えるためにシェアしていきます。

早速今一発目を作成しているので乞うご期待!

みんなで一緒に学んでいきましょう!

取り上げて欲しいものがあればコメントでも問い合わせでもDMでもなんでもしてくださいね!

ではまた!