アメリカに住んで日本が最強の国だということに気づかされた話

その他


りゅうき
みなさんこんにちは!

ryu-blogのりゅうきです。

今日は日本の素晴らしさを語るというなんともスケールのでかい話をします。

日本が最強だと思ったきっかけ

blogをみてくださっている方は知っていると思いますが、僕は今アメリカに住んでいます。

詳しくはこちらを見てください↓

海外に住むことで今までは感じたことのなかった感情が生まれました。

その感情こそが「なんだかんだ日本て最強じゃん」です。

日本にいるときから、いい国だとは思っていたし、自分たちは恵まれているとも感じてはいました。

しかしそれはただ漠然と感じていただけでした。

実際に外にでて、生活してみるとそれをよりリアルに感じます。

海外旅行へもいったことはありますが、その時の感覚とはまた違うのです。

長期的に滞在し、生活することで感じる母国の良さ。

それを皆さんにシェアし、もっと自分の国を好きになってもらえたら。そんな風に思います。

やっぱり今日はなんだかスケールがでかいですねw

海外における日本の評価

繰り返しになりますが僕は今観光地としても人気のLos Angelesに留学中でSanta Monicaにある学校へ通っています。

これだけ聞くと、なんて羨ましい贅沢な暮らしをしているのだろうと思う方もいると思います。

僕も来る前はそう思ったりもしていました。アメリカに住むなんて夢のようだ。確かにそういった気持ちもあります。

刺激的な毎日を過ごすことができていますし、来てよかったと思うことのほうが断然多いです。

しかし、僕は日本で生まれて26年間日本で育ったのでやっぱり日本が住みやすいことに変わりはありません。

日本が好きとか、アメリカが嫌いとかではなく、ただ単純に日本て素晴らしい国だと感じるのです。

海外からの評価も本当に高いです。みんな日本の話をすると目を輝かせて聞いてくれます。

それだけ魅力的な国だということなんでしょうね。

このまえジムであった外国人は日本出身だということを伝えたらAmazing countryっていってました。

下記のサイトのグラフからもわかるように、年々日本への観光客は増加しています。

それだけ日本は世界でもどんどん評価されているのです。

東京といってどこそこ?となる人はかなり少ないんじゃないかと思います。

それだけ知名度も高く人気な国だということでしょう。

ではなんでそんなに日本が人気なんでしょう???

なぜ日本が最強だと思うのか

自分も日本の素晴らしさを再確認し、海外からの評価も高い。

ではなにがそんなにいいのでしょう?

みなさんは母国の素晴らしいところ言えますか?

今はW杯の真っ最中、今後は東京オリンピックも控えています。

ここらで母国の素晴らしさを再確認してみませんか?

日本の季節について

まず日本には四季があります。これは日本では当たり前のことですが、海外では当たり前ではありません。

四季があり、その季節にあった風景をみることができる、旬のものが食べられる。これってすごいことなんです

季節の変化を楽しむことに関しては僕は今まで全然意識して生活してこなかったです。

ただなんとなく冬にはスノーボードをし、夏にはサーフィンをし、春には登山、秋には紅葉を見に行って

なんて当たり前にしてましたけど今思えばマジで贅沢野郎でした。過去の自分を殴ってやりたいです。

それだけ変化を楽しむことができるなんて日本てなんて素晴らしいんだ。

そしてその四季を十分に楽しむための山や川、海があります。

四季があってもそれらの環境が整ってなくては何も楽しめません。

でも日本には整えられた環境まで用意されているのです。

最高ですよね。

日本の食事について

日本といえば日本食。

ただ日本食というと僕たち日本人は料亭で出てくるような懐石料理を想像することが多いですが、海外における日本食は違います。

彼らの思う日本食は寿司、ラーメンの二択です。

どちらにせよ、世界中で人気の食事に違いはありませんし、味だけでなく見た目も美しい世界に誇るべきポイントです。

そんな美味しく美しい日本食ですがもちろん海外でも人気なため至る所で食べることができます。

ここLos Angelesにもリトル東京、リトル大阪なんてコミュニティがあります。

そこでは寿司やラーメンはもちろん、うどんやトンカツ、お好み焼きまで食べることができます。

しかし、ここで大きな問題があります。

海外で日本食を食べたことがある人ならわかる人は多いと思いますが、海外の日本食はそんなに美味しくないことが多いです。

見た目や店構えはすごく似ているんです。なのになんか違うんです。

それだけ日本食が繊細でかつ、日本人の技術によって精巧につくられているということではないかと思います。

そして価格も違います。

海外で食べる日本食はほとんどが日本よりも高い値段を払うことが多いです。

場所にもよりますし、当たり前のことかもしれませんがそれでもやはり日本のコストパフォーマンスの良さはすごいです。

日本に住んでいるときは思いませんでしたが、300円とか400円で牛丼がお腹いっぱい食べられるなんてありえないです。

アメリカにも安くて美味しい食べ物はありますが、僕個人的には日本の安くて美味しい食べ物の方がクオリティが高いものが多いです。

日本食そのものも、それらを作る料理人も、驚きのコストパフォーマンスを実現させる企業も全てやっぱり日本最強

日本の製品について

なんでも日本製とかいてあると安心してしまうなんて人も少なくはないんじゃないでしょうか?

僕もそのうちの1人です。

特に食品に関しては日本製のものがなぜか安心してしまう。

ではそれはなぜでしょうか?

それはおそらく作っている過程や作っている人を想像できるからです。

日本の衛生管理の厳しさや、日本人の生真面目な性格を知っているからこそ品質に安心が生まれるのです。

そこも誇るべきポイント。

その上先ほども述べたように四季の変化や山や川、海まであって新鮮な食材が獲れます。

そりゃ美味しいに決まってますよね。

食品以外でも品質の高さを誇っています。

車や衣類もそうですよね。

ハイクオリティでデザイン性も高い。世界中で人気です。

アメリカなんてほとんど日本の車が走ってます。

やはりこの分野においても日本は最強だったのです

日本の環境について

そしてこれが一番海外に住んでから強く感じることかもしれません。

日本は綺麗すぎる

本当に綺麗な国だと思います。

街並みも、公共交通機関も、建造物も全てが美しい。

今までは当たり前に思ってましたがそれは本当にすごいことです。

本当にありがたいことなんだなと感じます。

どこの県も世界に誇れるほどの綺麗な場所だと思います。

アメリカは正直行って想像していたものとは違います。

観光で数日しか滞在しないときはあまり感じませんでしたがとても綺麗な場所とは言えません。

刺激的で素晴らしい場所だと思います。全てのスケールが大きくて最高にイカした場所です。

ただ美しい街には程遠いです。そこが非常にもったいない。

こんな素晴らしい場所なのになんでもっと綺麗に保とうとしないんだろうと疑問に思います。

どんな場所だってそうですが、綺麗に保つのはとても大変なことで莫大な労力とコストがかかります。

日本はそれをかけてでも綺麗に保とうとしているわけです。

それは僕個人としてはとても正しいと思います。

このまま常に美しい国と呼ばれ続けて欲しい。

常に美しく、誰もに愛される国であって欲しいです。

だからマジでポイ捨てとかやめようね

どれだけ酔ってもいいけどちゃんとトイレで吐きましょうね。

日本人について

人種でいろんなことを判断するのはよくないですが、僕は日本人に生まれたことを誇りに思います。

アメリカにきて思うのはやはり僕たち日本人はあまり個を主張しないということ。

それは世界では稀なことなんだと思います。

その点に関してのみ言えば僕はあまり良いことだとは思いません。

自分の意見を主張しなくては生き残っていけない場面なんて人生でたくさんあります。

黙っていることが正義なんてのは幻想です。

物事の良し悪しを自分で判断し、間違っていると思ったことは主張する。

そうしないと上には上がっていけません。

そういう点では日本の風潮はもっと変わっていくべきなのかと思います。

ただ、主張せずに周りに気を配ることのできるところは素晴らしいと思います。

自分を出しすぎず円滑に物事が進むように一歩引いたところから物事を捉えることができるのは日本人の優れたところだと思います。

そして周りに気を配ることを正義としているため色んなことを丁寧に行います。

だからこそ先ほど述べたようにクオリティの高い物が生み出せるのだと思います。

日本人らしさが生み出したものこそMade in Japanなんじゃないでしょうか。

逆にアメリカでは皆が個を強く持っています。

そのため思ったことははっきり言いますし、自分が上に上がっていくために必要なこと、

そうでないことを皆理解しているような気がします。

全ての人が最速で最高のものを手に入れようと常にしているような感覚。

だから全ての最先端をいくのでしょう。そしてスポーツなどでも力を発揮するのでしょう。

身体機能だけではなくメンタリティの部分でもアメリカはスポーツにおいて他国を圧倒しているような気がします。

ただ逆に個が強すぎてそれはどうなのかなと思うこともあります。

周囲への配慮がもう少しあればもっといいのにななんて思うことも少なくないです。

1番有名な例を挙げるならばスーパーやコンビニの接客ですよね。

本当に雑です。商品なのに軽く投げたりします。

袋に入れてくれるのはありがたいのですが、入れ方はぐちゃぐちゃです。

そこもう少し配慮できるやろー。って100回くらい思いました。

もちろんどちらも全ての人に当てはまるわけではないですが、やはり実際にその国によって多少性格や考え方に差はあるような気がします。

そしてどちらも良い点、良くない点があります。だからこそ日本人は日本人の長所をもっと知るべきです。

そして日本人の良いとされる、世界から評価されているポイントに誇りを持ち、それを活かして世界で戦うべきなんだと思います。

十分に戦えるどころか頂点だって狙えます。

それくらい日本人って最強です。

いかがでしたでしょうか。

少しは自分の国のことが好きになりましたか?

繰り返しになりますが、気づいていないだけであなたの住んでいるその国は最強ですよ

もう一度そのありがたみを噛み締めて日々生活してみてください。

そうすれば今の100倍W杯も、オリンピックも、毎日に生活も楽しくなりますよ。

ではSee you next time!!