海外生活スタートしました。

海外情報


はじめまして

はじめまして!!

ryu-blogのりゅうきです。

今日はみなさんに大きくわけて3つのことについて伝えたいと思います。

なぜblogをはじめたのか

プロフィールにも書きましたが、僕は元々理学療法士をしていました。

今は海外に留学しているため患者さんを治療することはしていません。

そんな僕がなぜblogをはじめたのか。

それはこんな僕でも経験したことを周りの人に伝えることでなにかが生み出せるのではないかと思ったからです。

僕は今まで生きてきて、たくさんのことを経験してきました。

いま思い返せば、人生で本当に多くの人に支えられ、助けてもらいここにいる気がします。

大したことはしていませんが、この留学をキッカケに今度は自分が少しでも誰かの為になることができたらと思いblogを始めました。

周りでもblogをやっている人、YouTubeに動画をあげている人、たくさんいます。そしてそういう事をやっていると必ずと言っていいほど批判があると思います。

多くの人はその批判を恐れて行動を起こさない、もしくは途中でやめてしまうと思います。

僕も途中でやめてしまったもの、勇気が出ずに行動に移さなかったこと。たくさんあります。

ただ、今思うのはそれは本当にもったいないことだということです。

世の中のものは全て誰かの役に立って初めて価値があるものだとみなされると思います。

もちろん人は存在するだけでその人なりの価値があると思います。

しかし、自分の価値に対して自分で勝手に限界を決めてそれ以上を求めないで本当にいいのか。

自分の価値を追求することで誰かの為になるのではないか。

そんな風にも思います。

僕は今までたくさんの人に支えられて、たくさんのものを与えてもらいました。

自分の人生において唯一自慢できることは、恐らく人より運がいいことです。

今まで運良く、素晴らしい人たちが自分の周囲に現れ、その人達のおかげでたくさんの経験をすることができました。

それなのに自分は与えられるばかりでいいのか。

自分でも誰かになにかを与えられるのではないか。

そんなことを思いblogをはじめました。

今の自分について

今、僕は3月まで勤めていた病院を退職し、ロサンゼルスに留学に来ています。

Santa Monicaにある語学学校に通い、平日の午前中に授業を受け英語の勉強をしています。

家はVeniceにあり、ホームステイをしています。

もちろん会話は全て英語。

到着してすぐに、自分のリスニング力、スピーキング力の無さを痛感しました。

午後はクラスメートとご飯を食べ、周囲を散策した後バスで帰宅します。

日本人も多く在籍する学校なので正直言って、自分に甘えてしまえばほとんど英語を話さずに、

なんちゃってアメリカライフを満喫して、ちょっと長めの旅行を楽しむこともできます。

僕のクラスも実をいうと約半分は日本人だったりします。

ただ、今の自分のクラスに関して言えば、意識の高い人が多い為か短期の留学で、日本人が多いクラスにも関わらず

英語力が伸びている人が多い印象です。(まだまだ英語力がなんなのかもわからないのであくまで印象ですが…)

特に専門ではないし、まだまだこっちにきて1週間なので偉そうなことは言えませんが、

特にリスニング、スピーキングに関して言えば生活のなかでどれだけ英語に触れるかが勝負だと思います。特に活きた英語に。

語学学校の先生にきいても同じ答えが返ってきました。とにかく会話しろ。とにかく英語使いなさいと。

授業は朝の8時45分から始まり、45分間は会話をします。

生徒がそれぞれ前日にあったことを話し、それについてガンガン英語で質問されます。

僕にとってはこの時間が一番重要です。

今は英語で日記をつけるようにしているので、なんとなくそれを話せば伝わりはしますがそこからが勝負。

まあガンガン話膨らんで、ガンガン話逸れますw

そのため準備していたもので対応できるのはほんのわずか。

ただ、その経験が僕にとっては一番貴重で、一番成長できる時間な気がします。

その後は文法をやったり、リーディングをやったりしますが、その間もわりと会話します。

ペアになって考えたりする時間が多いので英語でディスカッションしながら問題を解くからです。

この時に、僕はふと思い出しました。

中学や、高校の時に受けた英語の授業のことを。

恐らくどの学校ににもいるであろうやたら英語を使って挨拶や会話をしてくる英語の先生。

授業中は英語だけ使うように的なルールを作り出し、約8割の生徒にルールを破られている先生を。

当時は僕も「あー。はいはい。」って思って先生がいなくなった瞬間に日本語で喋ってました。

先生すんませんでしたw

今自分がやっているのはまさにそれなんだと海外に来て気づきました。

ただ、海外にでてしまえば先生が見ていようが見ていなかろうが関係ありません。

ペア組む相手日本語わかんないんだもんw

まあ必死になって話します。そしてその瞬間に今は静かに興奮しています。

「これを経験するためにここに来たんだ」そう思います。

家に帰ってからはもっと試練が待っています。

そう。host motherとの会話です。

僕の住んでいる家にはおばあちゃんが独りで住んでいます。

1階にhost motherが住んでおり、2階に僕の部屋があるというような感じです。

今はまだ僕しかいませんが、もうすぐブラジルの生徒が入ってきます。

最初はわからないことを教えてもらえるからいいかなと思って選んだホームステイ。

そんなことよりもっと大事なことがあったのです。

それがhost motherとの会話。優しいし、僕の為にかなりゆっくり話してくれますがやっぱりわからないことが多い。

到着してすぐは緊張もあったので話す内容の半分もわからなかった気がします。

そして言いたいことの3割くらいしか伝えられませんでした。

それでも親切に接してくれるので本当にありがたいです。

元々人見知りの為、正直最初はhost motherとの会話を恐怖にすら感じましたが、今では会話が楽しいです。

正直1週間ではなにもかわってないと思いますが、緊張がほぐれただけで約6〜7割のことは理解できるようになり、

半分ぐらいは言いたことが伝えられるようになりました。会話の量も増えました。

ただ、あくまで自分おペースに合わせてくれるhost mother限定ですが。

そんなこんなでなんとか生きています。

アメリカでの生活のこと、英語の成長のこと、今後の仕事のことそんな日常をblogを通じてこれからも発信していきたいと思います。

リアルタイムで感じたことを発信すること、説得力という点においてそれに勝るものはないと思います。

ただ、あくまで個人的な意見なので間違ってたら逆に教えてくださいね。

今後の活動について

今はアメリカで生活をしていますが、この生活はビザの関係で7月中旬で終了になります。

ビザの詳細についてはまたおいおいお伝えしていこうと思います。

その後はビザを切り替え、カナダに移り約1年Vancouverで生活をします。

最初の3ヶ月は語学学校に通い、その後はアルバイトをしながら英語を使って生活をします。

このアメリカ、カナダの生活で僕が求めているもの、それは大きくわけて2つあります。

  1. 英語の習得
  2. 帰国後も定期的にアメリカ、カナダにくる理由作り

これです。

1に関しては言うまでもないですね。

もちろん1年では伸びる人伸びない人色々いると思います。

まあ多くの人が言うでしょう。

1年で何ができるんだと。僕も同感です。来てみて尚更思います。1年で伸びる量には限界がありそうだと。

ただ、あくまで最終的なゴールを考えた時に僕が長期的に滞在する期間は約1年に設定することを決めました。

もちろん2に挙げたようにその後も定期的に仕事として海外に行けるように働きかけるつもりでいます。

僕自身、長期で海外に滞在するのは初めてなので正直なにもわかりません。ただ、最終的に日本で生活をし、定期的に海外に行くこと。

日本でも英語に触れられる環境をつくること。その時に英語を使うことにストレスを感じないこと。

それが僕の理想でもっとも重要なことだと考えています。もちろんどうなるかはわかりません。

でもそれは誰にもわかりませんよね。

だから行くことを決めました。色んなことを考える人、色んなことを言う人がいるけど、

やらないと何もわからないし、それをやっている自分を想像したらワクワクしたので。

もしそれでまだまだ自分の英語力に自信がない、理由作りがうまくいかず定期的に海外にくる理由がみつからない。

そうなればまた行けばいいです。別にそこで人生終了なわけではないので。

なんの変哲もない生活を送るよりは100倍マシです。

あくまで個人的な意見ですし、海外に出たからといって生活が変わることが保証されるわけではないですがw

ここで僕が伝えたいのは、

今何かを変えたいと思っている人。

この先に不安がある人。

今の生活に満足ができない人。

その人達はなにかアクションを起こすべきだということです。

この先の不安を嘆いていたり、誰かの批判をしていたり、現状の生活に満足しているよう自分に言い聞かせている。

そんな時間があるのなら動いた方がいいと思います。

動いたからといって何も変わらないかもしれません。僕もそれを一番恐れています。

もちろん大変なことは多いし、批判もたくさん受けるでしょう。

ただ、なにも変わらない=何も得られないでは決してないと思います。

なにも変わらなかったとしても、アクションを起こす為にかけた時間や労力、受けた批判や失敗から得た経験

それが得られますよね?

むしろそれが、その後何かを変える原動力になるんじゃないかなと思います。

どんな分野でもいいと思います。

僕は今からなにかアクションを起こそうとしている人。

そんな人を応援したいし、そんな人の力に少しでもなれたら、僕もその人から刺激をもらえたら。

そんな思いでblogを書いています。

また今後の活動で得た情報、今までの活動で得た情報を整理して記事にしていきますね!!

以上りゅうきでした。