留学生のノート〜簡単だけど便利なTakeの使い方〜

留学生のノート


りゅうき
皆さんこんにちは!

ryu-blogのりゅうきです。

留学生のノート第一弾として今日は皆さんに「Take」の使い方をシェアしたいと思います!

これまでに語学学校の授業で習ったこと、自分で調べたことなど色んな情報を整理しながら僕なりに解釈したものを伝えます。

簡単だけどとても便利な単語

英会話を習ったり、自分で勉強したことのある人ならわかると思いますが、日常会話においてそんなに難しい単語はたくさん必要ではありません。

もちろん覚える必要のない単語などこの世に存在しないとは思いますが、優先順位をつけることでなるべくはやく会話が形になると思います。

ですので、僕はまず難しい単語ではなく簡単な単語がどのような場所で使われているかをしっかりと把握することをお勧めします。

これらの単語は留学だけでなく、旅行など行く際にもかなり使えるのではないでしょうか。

簡単な単語でも使い方次第ではかなりいろんな場面で使えますのでぜひここでおさらいしましょう!

Takeのそもそもの意味は?

そもそもtakeを辞書で調べるとどんな意味が出てくるでしょうか?

ここでわかるようにtakeには主に自分のところに取り込むなどの意味があります。

他にもたくさん意味がありますが、僕の場合は1つずつ覚えてもすぐ忘れるのでここでたくさんの意味を覚えることはお勧めしません。

まずはtakeには自分の場所に何かを取り込むという意味があるということだけとりあえず覚えましょう。

この時なんとなく絵や図を頭に思い浮かべて、記憶するとよいと思います。

そんなtakeがいろんな単語と組み合わさると様々な形に変貌します。

それをシチュエーションを頭に思い浮かべながら覚えていきます。

takeの使い方

基礎編

まずは基本的なものから。

まずtakeを使った文で真っ先に思い浮かぶのはなんですか?

おそらくみんなこれだと思います。

take a picture

写真を撮るという意味になります。

Would you take pictures of me??

私の写真をとってもらえませんか?

なんて感じに使います。

他にもこんなのがあります。

take a test(exam)

これは試験やテストを受けるという意味になります。

I’m going to take a test next Monday.

私は来週の月曜日にテストを受けます。

他にも、

take notes

メモをとるなんて時にも使います。

You should take notes if you can’t remember.

覚えられないならメモをとるといいですよ。

などもうこれだけでもかなり色んな場所でtakeが使われていることがわかります。

ではこれをどうやって使いこなせるようにしていくか。

そのために必要なのがルールを覚えることです。

takeには自分の意思で自分のところに何かものを取り込むという意味があります。

ここで重要なのは自分の意思があるということです。

単純に受け取るとだけ覚えてしまうのは危険なのでやめましょう!

例えばこれ

メールを受け取る。

これを表現したい時あなたならどうしますか?

そうなんです。この時はtakeは使いません。

メールは基本的に相手の意思で送られてくるのでtakeのルールに当てはまらないんです。

ちなみにこの時はreceiveを使います。

I received your email.

メールを受け取りました。

I received your order.

注文を承りました。

こんな感じで自分の意思があるかないかで同じ受け取るという表現でも違う単語が使われることがあるのです。

先ほどの例文のように、写真を撮る、テストを受ける、メモをとるなんていう際は自分の意思で行われることのためtakeを使うんですね。

ここをしっかりと抑えるとよいと思います。

基礎編 例外の表現

他にもtakeの意味で重要なものが1つあります。

(時間、お金などを)必要とする。かかる。という意味です。

takeを使った分で代表的なのがこちら

takes time

時間がかかるというやつですね。

It takes only 5minutes on foot to get to the beach from my house.

家からビーチまで歩いて5分しかかからないよ。

これはちょっとした僕の夢でもありますねw

先ほどの自分の意思で受け取るという表現では表しにくいので別の意味として覚えるのが僕的にはよいと思いました。

かなり一般的に使用される表現なので必ず把握しておきましょう。

応用編

ここまではかなり頻繁に使うものを紹介してきましたが、あくまで基礎です。

簡単だけど便利だというくらいなのでもちろん他にも多くの表現をすることができます。

今日はその中からいくつかをシェアします。

take off

まずはじめに思い浮かべるのは飛行機の離陸だと思います。

もちろん離陸するという意味もあります。

しかし、このtake offは他にもかなり多くの意味を持っています。

Please take off your shoes.

靴を脱いでください。

他にも、服や帽子、メガネや指輪など身につけているものを外す時はこのtake offが使われます。

化粧を落とすときにも使えますよ!

他にもこんなときに使えます。

Do you know a comedian who is very good at taking off actors to make fun of them?

あなたは俳優のものまねが得意な芸人さんを知っていますか?

いつ使うねん!って思いますよね。僕も思いましたw

ただなんでこの例文を出したかは後で説明します。

take off=真似をする(すこしふざけたイメージ)という意味があることは知っておくといいと思います。

他にも

Do you know what year “Pokemon Go” took off?

ポケモンGoが流行った年っていつだか知ってる?

このように人気が出る、流行るなどの意味でも使われます。

これもあまり使わないように感じるかもしれませんが、僕が思うにこれらの意味には共通するポイントがあります。

それはある場所から離れていくというイメージがあるということです。

takeには自分の近くに取り込むイメージがありましたが、それにoffをつけることで反対の離れるイメージになるのです。

離陸は文字通り地上から離れるイメージですし、脱ぐというのも自分の体からものを取り外しています

真似をするというのも同様に自分ではない人になりきるため、自分とは違うなにかに自分お魂が離れていき乗り移っているイメージを持ちます。無理やりだと思ったそこのあなた。それくらいの方が忘れないのでいいですよw

人気が出る、流行るというのも同様に、人気が出たものは製造された会社や作者の元を離れ世に出て行きます。

これも離れていくイメージが持てるでしょう。

このようの自分からなにかが離れていく表現はtake offを使ってできるわけですね。

まとめ

take使い方
take:自分の意思でなにかを自分の近くに引きよせる。取り込む。時間やお金を必要とする。

take off:自分から何かが離れていく。

まだまだtakeを使った表現はありますのでそれは次回番外編でシェアしていきます!

最後に少し冗談のように触れましたが、記憶をする際はイメージを持つことが非常に大事だと言われています。

イメージをする時に、どこにでもありそうなシチュエーションを想像するとすぐ忘れます。

今回は皆様にシェアするためにありきたりの例文を出しましたが、自分で覚える時は絶対に忘れないような文章で覚えてみてください

*今回の例文でいう赤字の部分を自分の好きなものに置き換えて覚えるとよいです!

そうすることで抜けにくくなりますし、その前にその単語や熟語がもつイメージを連想することでより記憶が強固になります。

イメージを持つこと、それもオリジナリティ溢れるイメージを持つことを大事にしてみてください。

それでは次回また続きをお伝えします!

See you again!!